年賀状等をJTrimで鮮明に作成して綺麗に印刷する方法 & Exifについて
(重要)  2015/11/14

最後に重要なことを記述しましたので最後までお読み下さい。





まずは、JTrim で、

「ファイル」→「保存オプション」をクリックして下さい。


 
この機能は画像が Jpeg の時のみ有効です。GIFとかBMPには使えませんのでご注意ください。



 
左図の『保存オプション』のウインドウが出ます。

「品質を数値で指定する」がチェックされていて、数値は100ではなく、70とか80になっているはずです。
(これは、JTrimをダウンロードされた時のデフォルト値です。)

例えば、写真(仮にJpegファイル容量が、500kbyteとして)を70で保存すると、そのファイル容量は、48kbyte程と、1/10以下になってしまいます!

この事は、元の写真の品質が大幅に低下したことになります。

そして最下段の「この設定を保存する(次回起動するJTrimにも反映する)」にチェックが入っているはずです。





品質の良い年賀状等を作成される時は、左図のように必ず『100』に設定して下さい。デジタルですから元の写真の品質を低下させることは皆無です。
100に変更したら必ず
最後に「OK」を押して下さい。押さないと変更が反映されません!

年賀状を作成終了後、印刷を終えられたら、この100を
元の数値(70とか80)に戻すことをお忘れなく!そして
OKを押します。


100のままでブログにアップすると、今迄の10倍のファイル容量をサーバーに送ってしまうことになるので、近い内にサーバーが満杯になってしまいます!

通常の数値の私のお勧めは、
80です。何故ならば、元の写真と80で保存した写真を見比べても見た目ではどちらが元の写真かが分からない程鮮明であること。そしてファイル容量が、1/10に激減してこれで充分であるからです。

 以下参考ですが、重要です。必読です!

「Exifデータを保持する」のチェックは外すこと!



 デジカメで写真を撮ると写真毎に撮影日時分秒、カメラのメーカー名と機種名、絞り値、シャッター速度、写真サイズ、
解像度、ISO感度、撮影方向、フラシュの有無、焦点距離、また
GPS機能搭載のデジカメでは位置情報等々までの全てが写真情報に含まれています。これが「Exif」です。「エクジブ」と読みます。Exchangeable image file formatの略です。

 ここにチェックを入れてしまうと、ブログにアップしたら、ブログの写真画面からその情報が取得されてしまうので必ずブログにアップされる時は
チェックを外して下さい。自宅で撮られた写真をアップされると自宅位置が正確に分かってしまいますヨ! 写真そのものをブログにアップされている方々も多いですが、JTrimでなく他の画像ソフトでサイズ変更しただけでアップされた方は要注意・要確認ですね。

 考えられるケースは、犯罪者がブログを頻繁に見ていて、そのブログの管理者は夫婦二人暮らしだと分かったとします。そしてブログに、X月Y日から5日間、夫婦で旅行しますと書かれたら、空き巣の犯罪に出くわす可能性があります!
絶対に「Exif」はブログにアップしてはなりません!最近の殆どのデジカメにはGPS機能が搭載されています。ご注意を!

ご自分のブログにアップされた写真に、写真撮影情報(Exif)が含まれているかどうか確認するには、ブログにアップした
写真の上にマウスポインタを置いて右クリックして下さい。そして「プロパティー」を左クリックです。もし撮影情報が出たら
速やかに、Exif情報を削除した写真に取り換えて下さい。


以上、もしご存じでない方の為に記述しました。 お役に立てたでしょうか?

  >



inserted by FC2 system