進化するブラインド枠 11



ブラインドの特性を利用したシフトで作った透かし模様枠です。

5月に入りましたね!世の中は Golden Week ! 私は Golden Year!です。春の天気の良い日は必ず出掛けています。

2015/05/02






1)500*500の黒を新規作成して
幅50の白のブラインドを垂直に入れます。



2)水平にも入れます。



3)10でエッジを抽出します。
 


 4)左図になります。上辺と左辺に模様が付いていないので修正します。
コピーします。



5)-50、-50でシフトします。



 
 6)左図になります。



7)合成(明るい)します。
 


 8)模様を中央に移動させます。
25,25でシフトです。



 
 9)左図になります。コピーします。



 
 10)180度回転させます。



 11)12,12でシフトします。
 


 12)左図になります。



 
  13)合成(明るい)します。コピーします。
 


  14)-6、-6でシフトします。
 


  15)左図になります。
 


  16)合成(明るい)します。
 


  17)左図の数値で座標指定して黒に塗り潰します。その後も指定枠は消さないで下さい。



 
 18)左図になります。



 
 19)指定枠を残したままで、2でフェードアウトします。



 
 20)左図になります。

フェードアウトの幅が小さい時は右辺と下辺に上手くフェードアウトされません。
 


 21)その為、全選択して180度回転させます。



 
 22)再度、範囲指定して2でフェードアウトします。



 
 23)左図になります。



 
 24)指定枠を消して2でフェードアウトします。



 
 25)180度回転させます。



 
 26)2でフェードアウトします。
 


 27模様枠をネガポジ反転してコピーし、カラーシートに減算合成します。コピーしておきます。 





 


28)背景を黒にして100でフェードアウトします。
 


29)減算合成します。
 


 30)加算合成します。
 

 立体枠と名前を付けて完成です。





inserted by FC2 system