今日はどんな枠?
 12



今日は、『セピア色+RGB変換』の部分別の色付け練習です。 コントラストがある模様にするのがコツです。

セピア色では白には着色しないので、単色カラーとか超新星ではできないカラーリングができるのが大きな魅力です。

次回は、やはり、『セピア色+RGB変換』を使って、もっと面白い模様枠を作るつもりです。 ご期待下さい。

台風が過ぎ去りました。 9月になって一度もなかった秋晴れが来るでしょう。 その日はデジカメ提げて出掛けま~す。

2015/09/10






1)300*300の黒を新規作成して、
100の白の余白を付けます。



2)幅50の黒のブラインドを垂直に入れます。
 


 3)左図になります。
 


 4)水平にも入れます。コピーします。
 


 5)180度(90度×2)回転させます。
 


 6)合成(明るい)します。



7)左図の数値で右半分を座標指定します。座標指定切り取りの窓は×で消し、指定枠は消さないでおきます。



 
 8)セピア色にします。



9)左図の数値で右下を座標指定します。
 


 10)指定枠を残したままで、RGB変換を1回します。



 
 11)左図の数値で左下を座標指定します。指定枠は消さないで作業を進めます。



 
 12)まず、セピア色にします。



 
 13)指定枠を残したまま、RGBを2回します。



 
 14)左図になります。
 


 15)イコライズします!  これをコピーしておきます。 





 


16)300*300にリサイズして凹だけで5の立体枠を付けます。
 


17)100の黒の余白を付けます。
 


 18)加算合成します。
 


 立体枠と名前を付けて完成です。





inserted by FC2 system