1,000台を目指して
 19



前作で作った二重丸の粒々を、今迄とは違った使い方にしました。 つまり、粒々を模様の一部にしました。

2016/10/11






1)まず、外枠を作ります。

 500*500の黒を新規作成して背景を白にして、左図の数値で座標指定します。
 


 2)座標枠を残したままで、20でフェードアウトします。



3)左図の設定でガラス処理します。
 


 4)左図になります。



 5)長模様を座標指定して黒に塗り潰します。コピーします。



 
6)背景を黒に変えて、全選択して45度回転させます。



7)合成(明るい)します。コピーします。
 


 8)全選択して22.5度回転させます。



 
 9)合成(明るい)します。



 
 10)セピア色にしてからRGB変換します。

これをコピーして別のJTrimに張り付けておきます。
 


 11)次は、内枠を作ります。

 JTrim-3を立ち上げて、500*500の黒を新規作成して背景を白にして、左図の数値で座標指定します。
 


 12)20でフェードアウトします。
 


 13)先程と同じ設定でガラス処理します。
 


 14)長模様を黒に塗り潰します。
コピーします。
 


 15)横軸だけ、250でシフトします。
 


 16)合成(明るい)します。コピーします。
 


 17)90度回転させます。
 


 18)合成(明るい)します。コピーします。
 


 19)背景を黒にして、全選択して45度回転させます。
 


 20)合成(明るい)します。コピーします。
 


 21)全選択して22.5度回転させます。
 


 22)合成(明るい)します。
 


 23)セピア色にしてからRGB変換します。コピーします。
 


 24)元のJTrimに合成(明るい)します。
 


 25)張り付けておいた模様を全選択して11.2度回転させます。
 


 26)上図から二重丸の粒々を作ります。

  
50*50にリサイズする直前に
ガンマ補正を1.8程にして明るく
しないと粒々ができません。これは元の模様の専有面積が小さいからです。

コピーします。


 
作り方は『便利グッズ一覧』にアップしています。
 


27) 手順29に合成します。 コピーしておきます。





 


 27)背景を黒にして、100で円形フェードアウトします。
 


28)減算合成します。
 


 29)加算合成します。
 


立体枠と名前を付けて完成です。

 



inserted by FC2 system