時々気儘に作る枠Ⅰ
 11



粒々の新しい手法です。粒々は模様の外側に散りばめました。

長手順ですが作り方を書いたので是非試して下さい。 模様は敢えて重ねました。

2016/12/18







1)340*340の黒を新規作成して背景を白にします。そして80でフェードアウトします。
 


 2)左図になります。



3)左図の数値で座標指定して黒に塗り潰します。

  0    80
340   260
 


 4)左図になります。コピーします。
 


 5)90度回転させます。
 


 6)合成(暗い)します。



 
7)80の黒の余白を付けます。

 
左図を次回に使うかも知れないので念の為保存しておいて下さい。



8)ブレをで入れます。コピーしておきます。



 
 9)最大値でエッジの抽出をします。
 


 10)合成(明るい)します。コピーします。
 


 11)背景を黒にして、全選択して45度回転させます。
 


 12)合成(明るい)します。コピーします。
 


 13)全選択して22.5度回転させます。
 


 14)合成(明るい)します。
 


 15)色を付けます。コピーしておきます。
 


 16)ガウスぼかしをで入れます。
 


 17)減算合成します。
 


 18)此処がミソです。

最大値でパンチします。


これで粒々が模様の外側にできます。
 


 19)150*150にリサイズします。
 


 20)色解像度変更(1bit 誤差拡散)
の後、フルカラーにします。
 


21)500*500にリサイズします。
 


 22)最大濃度抽出します。
 


 23)128で二諧調化します。
 


 24)最大値でエッジを抽出します。
 


25)単色カラーを付けます。
 


25)加算合成します。 コピーしておきます。





 


 26)300*300にリサイズして円形切り抜きします。
 


27)100の黒の余白を付けます。
 


 28)減算合成します。
 


 29)加算合成します。
 


立体枠と名前を付けて完成です。





inserted by FC2 system